banner

紛失した鍵を開ける

紛失した鍵を開けてもらう方法

鍵は住宅それぞれに最低でも一つずつ取り付けられています。
現代では何かと物騒ですから、外出などで自宅を留守にする場合にはほとんどの人が鍵をかけるようになっています。
もしこれが無いとすれば、窃盗犯は全国各地で多発し、あっという間に社会は機能不全に陥ります。
しかし鍵があるが故のトラブルというものも少なくなく、特に多いのが「鍵を紛失して開けられなくなった」という状況です。

そうした場合にはどうにかして開けなくてはなりませんが、ではそこでどういった方法が取れるのかというと、これは基本的に鍵屋と呼ばれるプロに開けてもらうのが一番です。
自宅では無く倉庫などで、壊してしまっても支障が無いというのであれば外部から無理やり壊すこともできなくはありませんが、そうした方法が現実的とは言えません。
また外部から鍵を解錠すると言っても実際には専用の工具や技術、知識が必要ですから、開けるための鍵を紛失したというのであればプロの鍵屋に依頼するのが一番良いのです。
現在では数多くの業者が各地で営業をしていますから、携帯電話などで探せばすぐに業者を見つけることができますし、電話番号案内などを利用するという方法もあります。
依頼する業者が決まった後には実際に連絡を取り、作業に来てほしい場所の住所や目印となる建物を伝えます。
あとは連絡先などのいくつかの確認事項を確認し、発生する料金についての説明に納得が出来たのであれば、実際に来てもらって作業ということになります。

ただこの際にはただ見ていれば良いというわけではなく、作業前に身分証明書の提示が求められることがあります。
これは鍵開けいう行為が本来行ってはならないことであり、あくまでも事業として違法のことはしないというからこそ許されているというのが理由です。
もしそこで身元が明らかではない人の依頼を受け、意図せずして窃盗の手伝いなどをすることになってしまうと、その業者にも責任が問われることがあります。
そのため身分証明書の提示はほとんどの業者で要求されることです。
万が一財布などを室内に置いたままで、身分証明が提示できないという場合には事前にそのことを相談しておきましょう。

鍵を紛失したとしてもプロに頼めば対応をしてもらうことができますが、どのような時でも無条件で請け負ってもらえるわけではありません。
特に近年ではさまざまなトラブルや犯罪が見られるようになっていますから、どこも慎重になっています。
作業を依頼する際にはこうしたことをしっかり理解しておきましょう。

Copyright(c)2015 鍵開けを防犯という観点から見た場合All Rights Reserved.